医療法人社団 美生会 モラージュ柏デンタルクリニック
04-7137-6001
千葉県柏市大山台2-3
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

ナイトガード(歯ぎしり予防)


「歯ぎしり」について

実はほとんどの人が「歯ぎしり」をしてます。その中で歯ぎしりの自覚のある人はほんの少しの人しかいません。
またその中で十数%の人は強い歯ぎしりをおこなっています。
一般的には、8時間の睡眠中に15分ほど歯ぎしりをしているそうですが、癖のある人は平均40分ほどしており、中には1時間45分にも及ぶ人がいると言われています。

 

「歯ぎしり」の種類

グラインディング タッピング クレンチング
いわゆる「歯ぎしり」のこと。
上下の歯を横にこすり合わせるもので音が大きいのが特徴。
顎を上下に、物を食べるようにカチカチさせるもの。 ほとんどの人がやっている。
噛みしめたりくいしばるもの。音が出ない。自覚症状がない。

歯ぎしりで歯に加わる力は、食事の時の何倍にもなります。
特に寝ている間は無意識のため、とても大きな力が加わります。
歯ぎしりによって歯が抜ける・割れる・すり減る・などの症状がおきたり、顎関節症などの原因にもなります。
原因としてストレス・心因性などの情緒的因子や、歯のかみ合わせの悪さなどが考えられます。

 

「歯ぎしり」の問題点

  • 肩こり、偏頭痛、アゴの疲れ、目の奥の痛みなどの原因となることがある。
  • 歯が削れたり、割れたりすることがある。
  • 歯科治療で入れたセラミックなどのクラウン(被せ物)が割れることがある。
  • 歯周病が進行しやすくなる可能性がある。
  • 顎関節症が悪化する可能性がある。
  • 横で寝ている人の迷惑になることがある。
  • 睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている。

歯ぎしり自己チェック

 

「歯ぎしり」の軽減法

◎ナイトガード
歯科医院で自分に合うものを作製してもらう。
◎その他の軽減法
・筋肉のリラクゼーション
親指以外の4本の指で、両頬を5分程度、比較的強い力で押したり回したり、コリをほぐすようにマッサージする。
・就寝時の姿勢
枕が高かったり、枕の一部分に頭の上方を乗せて寝ると歯ぎしりしやすい。
そこで、低い枕に首の付け根まで乗せ、顎を上に向けて寝る。
・自己暗示法
寝る直前、布団の中で「唇は閉じて、歯は離す。」と声に出して20回唱えてから寝る。

 

ナイトガードによる治療

ナイトガードの主な目的は歯ぎしりにより、歯にかかる負担(歯が削れる・欠ける・割れるなど)や、歯周組織に加わる力を軽減することです。
そのため、さほど歯ぎしりがない方でも、予防のため使用している方もいらっしゃいます。
ナイトガード
ナイトガード